​楼蘭ろうらん

箱庭のような小さな世界に存在する唯一の国。​
​この国には三年に一度、外から人が迷い込むらしいが……。はたして現代へ帰る方法はあるのだろうか。

赤い扉の向こうには、見たことのない景色が広がっていた。
楼蘭 ―ろうらん―

そこは鮮やかで、それでいてどこか寂しげな紅が埋め尽くす世界。
その現実離れした光景に圧倒される間もなく、見慣れない衣装に身を包む男達が現れる。

​三年に一度だけ訪れる閏月。

十三月の朔日に扉は開く。

対立する二つの勢力。
三年ごとに外の世界から訪れる『客人』の存在。

無人のまま走り続ける路面電車。
地下に存在すると噂される、秘匿された夜の街。

現代へ帰る方法を探すのか、『彼』と生きるための道を選ぶのか。
その選択が未来を決める。
いくつもの道を示された時、『私』が選ぶのは──

© 2017-2018 Lyric / 紅天に舞う

2018.11.01

HPにオープニングムービーを掲載いたしました。​

2017.11.11

​おまけコンテンツの短編小説を公開しました。

2017.11.9

​物語と世界観のページを更新しました。

更新情報

2017.11.9

HPを公開しました。​